千駄ヶ谷で対症療法と根本治療を組み合せてストレスの原因をも改善する新次元の整体院

整体 マジカルエイド(鍼灸ゴトウ治療院)


人間の持つ可能性の凄さ

昨年の暮れ、ほぼ2年ぶりにお越しになった、40歳代女性のお客さまがおります。

抱えている状況が悪すぎて、いつも忘れた頃にやってきます。

昨年の暮れはどういう状況だったかというと

「肺と肝臓と膵臓と脳にガンが転移しているので、余命3ヶ月と医者に宣告されたのが8月です」
「腹水が溜まって、心臓、腎臓、膵臓の機能が落ちたので入院してました」
「股関節が外れました(もともと人工股関節)」
「左手薬指を骨折しました(同居の彼のDVによる)」
「息子が障害事件を起こしました」
「義理の母が大腸ガンが再発し、春までだろうと言われています」

と、数年前に事故で角膜が全部剥がれてしまい、淡いブラウンのレンズを入れた眼で、涼しい顔しておっしゃいます。
でも、すでに8月から3ヶ月以上経過していますし、いわゆる末期ガンの「ヒポクラテス顔傍」にもなっていません。
痩せてもいない。
お腹を触っても柔らかい、健康体のお腹をしています。

じゃあ、これらの状態は真っ赤なウソなのか?

いつもこのクライアントは、働いている事務所の社長がクルマに乗せて一緒にやってきます。
この社長と一緒になって、私に真っ赤なウソを言う理由がありません。

初診の時は、交通事故にあって入院、退院してきた直後で、もっとすごい状況でした。

これでもか、これでもか、と言うくらいの災厄がやってくるのですが、今のところ、なんとか乗り切っている。

なので、このクライアントは、多分、1年後くらいにまた別の問題を抱えてやってくるはずです。

本当、このクライアントには「人間の持つ可能性の凄さ」を感じます。

いや、ほんと、人間ってなんでもありえます。

整体 マジカルエイド(鍼灸ゴトウ治療院)のご案内

住      所:
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-7-5
ガーデンビュー北参道203
アクセス:
東京メトロ副都心線「北参道」駅徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-6447-1254
受付時間:
10:30~23:00
定休日:
年末年始休業、夏期休業のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ