千駄ヶ谷で対症療法と根本治療を組み合せてストレスの原因をも改善する新次元の整体院

整体 マジカルエイド(鍼灸ゴトウ治療院)


当院は何が違うのか

1、痛みにはその構造を治す「骨格と筋肉の修正」、
そして「結合組織リリース」。

たとえば、足首の捻挫で痛みが生じたとします。捻挫は炎症ですから、まずその炎症をおさえる。
次に衝撃でずれた骨のバランスを正す。傷ついた靭帯、腱、筋肉の修復をする。おおむねこれで痛みはおさまっていきます。ですが、それで終わってはいけません。足首の捻挫を生じさせた「構造」の問題が残ったままだからです。
なぜ、そのときに捻挫を起こしてしまったのか。
それは、足首につながる下肢、上肢、股関節、そして脊椎、肋骨のゆがみからくる「重力のラインの乱れ」があるからです。それを治しておかないとまた捻挫します。
ではそれをどう治すか。

 

ankle.jpg整体マジカルエイドが着目しているのは「結合組織の癒着」です。
結合組織とは、皮膚と筋肉の間、筋肉と筋肉の間、筋肉や腱と骨の間にある組織のことで、脂肪や繊維のようなもので構成されています。
例えば、鶏の胸肉に皮がついていますが、その皮をはがすときに、肉と皮の間に繊維のようなものがくっついていますよね。それです。
鶏の胸肉は「死んでいる」ので皮と肉をくっつける糊のようなものになっていますが、ヒトの身体の結合組織は柔軟で、皮や筋肉や骨の隙間の潤滑剤の役割を果たしています。
ところが、それが癒着すると皮膚や筋肉の運動を阻害します。くっついている部分が動かないのでひっぱられる。痛みや、変形や、むくみはそこから生じます。
もちろん、結合組織の癒着だけが原因ではありません。ですが、まずそこをなんとかするのが先です。目に見える、手で触れられるのですから、そこをまず修復しましょう。
単純に、癒着した結合組織をはがしていきます。圧するのではなく、はがす。はがすことで、筋肉が本来の位置にもどり、動きが回復します。関節の位置が修復されて、無理のない関節運動がよみがえります。結果として、「構造」が修復されて、捻挫のリスクが軽減され、身体の動きそのものが進化します。

 

2、その奥の原因と「病」には「内臓とクラニアル」。

T3.jpg多くの治療院は、いわゆる「筋肉・骨格系」といわれる治療で、整形外科領域の痛みは得意としていますが、それ以外の疾患、たとえば鬱病、消化不良、頭痛、婦人科疾患や、ガン、免疫疾患などの難病には対応していません。整体マジカルエイドは、これらの疾患、難病に多くの実績をもっています。内臓の位置を整え、本来その内臓がもっている機能をよみがえらせる。頭蓋骨の柔らかさを取り戻し、脳脊髄液の流れを整える。身体をゆったり揺らすことで、自己治癒力を高める。これで、ヒトが持っているチカラが強化され、疾患の治癒を導きます。たとえば、統合失調症や鬱病、パニック障害などは、内臓の調整とクラニアルテクニックによる脳脊髄液の調整が不可欠です。もちろんそれだけで寛解するほど単純な病ではありませんから、けっしてあきらめず、投げ出さず、時間をかけて治して行く「構え」が必要です。

 

3、様々な診断方法、多彩な手技。

knee.jpg

ヒトの身体はそれぞれ違います。これこれにはこれ、という単純な法則はあてはまりません。ですから、「結合組織リリース」「内臓・クラニアル」でも対応できないケースが生じます。そういうときにも、整体マジカルエイドでは他の手技を使って治癒を目指します。
たとえば、武術につたわる活法、橋本敬三先生の操体法、鍼灸のささない鍼や温灸。いくらでも方法はあります。決してあきらめません。ひとつの理論、ひとつの手技だけではなく、複層的に考え、複層的な治療を行います。


 




整体 マジカルエイド(鍼灸ゴトウ治療院)のご案内

住      所:
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-7-5
ガーデンビュー北参道203
アクセス:
東京メトロ副都心線「北参道」駅徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-6447-1254
受付時間:
10:30~23:00
定休日:
年末年始休業、夏期休業のみ

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ